So-net無料ブログ作成
検索選択
ドライブ・観光地 ブログトップ
前の10件 | -

由布川峡谷 [ドライブ・観光地]

男池から「由布川峡谷」へ訪れました。昔、父がここへよく写真を撮りに来ていた場所で、その光景は美しく時には神秘的な世界が広がり、訪れる人々の心を魅了します。
現在は、マイナーな場所になってますが、以前、私が撮っていた頃(30年前)は、カメラマンの撮影スポットとして有名な峡谷でした。
2009_01190190.jpg

由布川峡谷

由布鶴見連山に源を発し水成岩の侵食によりできたもので、深さ60mの断崖が垂直に切り立ち延長12kmに及びます。
二つのチェックストーン、岩肌をすべる40数条の滝筏でこぎ渡る大小百余りの濃紺の深淵等、その自然が織りなす神秘的な渓谷美は「東洋のチロル」とも呼ばれ、大分県百景の一つに数えられています。


ここ猿渡りの地名は昔猿がカヅラを伝って険しい谷を渡った事からきています。夏なお冷たい清流にはエノハが踊り渓流釣りファンの格好の釣り場となっています。

 

続きを読む・・・。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

大分 男池(男池湧水群) [ドライブ・観光地]

日本名水百選に選ばれてる大分「男池」へ。

ここの男池は、北海道の神の子池の様に青く神秘的な池です。九州にもこんな場所があるとは思いませんでした。
また、ここから黒岳(標高1587m)縦走も楽しめるそうで、いつか挑戦して見ようと思います。
北海道の神の子池
http://masa5s5.fc2web.com/hokkaidou/kaminokoike.htm

2009_01190152.jpg
 
さて、男池に着きました。
 
案の定、駐車場には一台も車が止まっていませんでした。
 
当たり前のこととは分かっていても、
 
だぁ~れか来てないかと期待も・・・。
 
入り口前のお店もこの時期は開かないのでしょうね。
 
 
 
 

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

トイレの間違え [ドライブ・観光地]

先日、小倉城へ行った時のことです。突然、大きいほうがしたくなりトイレへ行きました。トイレに入るときは、当たり前のことなんですが、男子か女子かをしっかりチェックして間違えないようにして入っています。
それと、個室にトイレットペーパーがあるか確認しています。以前、慌てて入って用を足した後、トイレットパーパーが無くて困った経験があります。
用を済ませ、ほっとして出ようとした瞬間、突然、女性の声が!誰もいないわよ!のような声がし、大勢の女性が入ってきました。

えっ!確かここは男子トイレだったはず、便器もあったし間違って入ったはずはないと思いながらも、はっ!っと我に返り、慌てて入ったので間違ったんだ!っと思ってしまい、この場をどう凌ごうかともうパニック状態です。

次第に人数が増えてきました。誤ってこの場を凌ごうと思い、個室から出ると、やっぱり便器があるじゃないか!
間違って女子トイレに入ったわけではなかった。そう思ってると、女性の方から、”ごめんなさいね”。って平静で言われました。が、とんでもないことですよね。
焦った私はなんだったんだ!と思い、トイレを出て見ると女子トイレは混みあってました。数台の貸し切りバスが停まってて、殆どが女性の旅行客でした。
何でも、団体の旅行で女子トイレが混んでて、男子トイレに誰もいないことを確認してから使わせてもらったそうです。

ちょっとカチーンっと!しましたが、我慢するのは体に悪いので、まぁ仕方がないことかなっと思いました。
以前、女の子が、女子トイレの個室が少なく男の子のように早く用を足すことができないので回転が悪く混みあい待ち時間が長いことを聞いてました。
最近は、コンビニのトイレなんかは男女兼用トイレになってますね。あれもどうかな?っと思います。必ず女性は怪訝そうな顔で見るので、なんだか使うのが悪いような気持ちにさせられ、気分が悪くなってしまいますね。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

フォトスポット&パーキング「とるぱ」山田パーキング [ドライブ・観光地]

大観峰からどこへ行こうかな?っと迷いながら県道45号線ミルクロードを通って、国道212号線から阿蘇市街へ向かう国道沿いには「山田パーキング」があります。
これといって景色は良くありませんが、フォトスポット&パーキング「とるぱ」写真スポットとして、このような場所が数ヶ所あります。
大観峰から約4.6 km、約8分ほどで着きます。湯浦パーキングからは約1.3km、約2分ほどの場所です。いつもはスルーして草千里展望所へと向かってます。
2013_03300895.jpg
~阿蘇の涅槃像~

阿蘇五岳である「根子岳、高岳、中岳、杵島岳(きしまだけ)、烏帽子岳」を全体的に眺めると、ほとけ様の寝ている姿に似ていることから”阿蘇の涅槃像”と呼ばれています。一般的には根子岳が「顔」高岳は「胸」中岳は「臍」、そして杵島岳と烏帽子岳は「膝」に例えられています。

フォトスポット&パーキング「とるぱ」は写真を撮るパーキング。
「とるぱ」は、九州内の安全に駐車できる駐車場と、そこから歩いて行ける撮影スポットがセットになった場所です。
フォトスポット案内板を見つけたら、そこでパシャ!あなたもプロのカメラマン気分!
 
あなたもプロのカメラマン気分!だって!!
 
そんな簡単にプロになれるならいいですね。
 
ここからは約180度の景色が望めます。
 
 
 

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

フォトスポット&パーキング「とるぱ」湯浦パーキング [ドライブ・観光地]

大観峰からどこへ行こうかな?っと迷いながら県道45号線ミルクロードを通って、国道212号線から阿蘇市街へ向かう国道沿いには「湯浦パーキング」があります。
これといって景色は良くありませんが、フォトスポット&パーキング「とるぱ」写真スポットとして、このような場所が数ヶ所あります。
大観峰からは約3.3km、約6分ほどで着きます。場所が下り坂にあるため、気づいたときにはすでに通り過ぎてて戻るには面倒だな!っとスルーする方も多いと思います。私も、スピードがでていつもはスルーして草千里展望所へと向かってしまいます。
2013_03300878_1.jpg
湯浦パーキング

フォトスポット&パーキング「とるぱ」は写真を撮るパーキング。
「とるぱ」は、九州内の安全に駐車できる駐車場と、そこから歩いて行ける撮影スポットがセットになった場所です。
フォトスポット案内板を見つけたら、そこでパシャ!あなたもプロのカメラマン気分!

~雲海~
内牧温泉を望む阿蘇谷では”雲海”が出現します。
”雲海”は秋季の温度が高く十分な放射冷却があり、無風状態であること、更に山間地や盆地という地域であることなど、非常に限られている条件でしか発生しない自然現象です。

~田園風景と内牧温泉街~
阿蘇外輪山を南下する途中、一面に広がる田園風景が望めます。
内牧温泉では文豪”夏目漱石”が内牧温泉宿を題材とした小説”二百十日”を執筆するなど、他にも多くの文化人が訪れています。
 
ここから雲海を撮る方は少ないと思います。
 
 
 

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

阿蘇 大観峰(標高936m)の夜明け [ドライブ・観光地]

この日は、私のHPの観光紹介用の写真を撮りに「観音桜」へ下見に訪れ、久しぶりに「道の駅 阿蘇」
車内泊。道の駅の近くには温泉もあるので、ここで車内泊をする方も多いですね。今日は、空いてるかなっと思って来て見ると、まだまだ十分に停めるスペース
があったので、トイレ休憩をしてから、いつもの内牧温泉へ行こうと思ってたら、次から次に車が入って来て、場所が無くなってしまいそうだったので、今回
は、近くの「天然温泉夢の湯」で我慢することにしました。
早朝4時に起床、車内から外へ出て見るとブルッ!振るえ外は寒い!!目覚めのコーヒーで一服してから朝日を見に大観峰へ向かいました。
2013_03300651.jpg
大観峰のTV中継局や警察無線中継所付近から見た様子です。
 
既に、空は瑠璃色に染まり地平線は赤く焼けて、
 
うわぁ…きれいぃ~~~(^^_)ルン♪でした。
 
道の駅「阿蘇」から大観峰までは約14.5 kmあります。
 
国道212号線を通って約22分~30分程で着きます。
 
この日も既に数台の車が止まってました。
 
私も学生の頃は、友達たちとよく訪れていました。
 
今回は、何十年ぶりかに大観峰の突き出た先端へ、
 
行ってみることにしました。
 
車から降りると、ブルッ!と振るえめちゃ寒い!!
 
この時期、3月はまだまだ寒いですね。
 
 
 

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ベイサイドプレイス博多(広場編) [ドライブ・観光地]

豪華客船や博多ポートタワーにランドマークの円柱型水槽「アクアリウム」見て回り、ベイサイドの広場へやって来ました。
ちょーど、昼食の時間だったので、サラリーマンやOLに子供連れの家族で賑わってました。私も、お腹が空いたので、休憩もかねて買ってきていたお弁当を、ここで食べることにしました。
今日は、ちょっと、湿度が高いのかジメジメと暑く汗ばむ日でした。
IMG_3921.jpg
ベイサイドの広場から見た博多ポートタワーです。
 
 
 

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ベイサイドプレス博多 円柱型水槽「アクアリウム」 [ドライブ・観光地]

もう随分昔に、ベイサイドプレス博多に日本最大級のスケールを誇っている円柱型水槽「アクアリウム」があることを何かのテレビで見て訪れた事があります。
当時は、まだ、カメラの性能も悪くて上手く撮ることができなかったので、再チャレンジも兼ねて寄って見ました。
子供の頃から、水族館や生き物(小学生の頃は生き物係でした。)が大好きだったので、今回も(o(^ー^)o)ワクワク。
IMG_3735.jpg
ランドマークの円柱型水槽「アクアリウム」です。
 
初めて見た時は、凄い!っと思いました。
 
無料で見ることができるのがいいですね。
 
でも、水槽の前は、ベンチのようになってて、
 
待ち合わせの方々が座ってるので、
 
ここから写すには、邪魔だったので2階へ向かいました。
 
ランドマークの円柱型水槽「アクアリウム」

直径9m、高さ8mのダイナミックな円柱形水槽としては、日本最大級のスケールを誇っている。存在感あふれるウミガメから可愛らしい熱帯魚まで、30種類を超える約3000匹の魚たちが悠然と泳ぐ様子は、まるで玄界灘の海底を眺めているよう。
 
 
 
 

コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

博多ポートタワーからMARINER OF THE SEAS [ドライブ・観光地]

博多ふ頭にMARINER OF THE SEASが寄港するということで、博多埠頭緑地サンセットパークの先端から眺め、折角なので博多ポートタワーからも眺めてみようと思います。
博多ポートタワーの1階には「博多港ベイサイドミュージアム」もあり、博多湾が果たしている役割を、子供から大人まで楽しく学ぶことができる施設がありますので、是非立ち寄ってみてください。※入場料は無料です。

私のブログとHPです。
博多ポートタワー
http://masat5.blog.so-net.ne.jp/2010-05-16

博多港ベイサイドミュージアム
http://hiroonechan.fc2web.com/fukuoka/beisaido2.htm
IMG_4059.jpg
博多ポートタワーとMARINER OF THE SEASです。
 
 
 
 

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

久木野足手荒神様 [ドライブ・観光地]

宝来宝来神社で、お帰りの時には久木野足手荒神様に、是非、ご参拝ください。っと道案内もあったので、ちょっと、寄ってみました。
2013_03300368.jpg
なぜか?こんな場所に案内板が!
 
久木野足手荒神様

足、腰、手に大変御利益があると言われ、主に手足の病気や厄払いなどに御利益があると、最近では「野球、サッカー、ゴルフ」等のスポーツ選手の参拝が多く見受けられます。
 
宝来宝来神社では、
久木野足手荒神様

久木野村の足手荒神様の総本山は、熊本上益城郡の「甲斐神社」とされ、熊本を中心に九州各地に分社として、お祀りされています。
足、腰、手に大変御利益があると言われ、主に手足の病気や厄払いなどに御利益があると、最近では「野球、サッカー、ゴルフ」等のスポーツ選手の参拝が多く見受けられます。
足手荒神様 宝来宝来神社の近くに時々荒神様がお話においでになると、ぽっくり天狗様が大変喜んでいらっしゃいます。
 
宝来宝来神社から道標が右と出ていたので、
 
細い道をしばらく走ると坂道に。
 
坂道をしばらく上がっていくと右側にありました。
 
ちょっと、人気のない寂しい場所にありました。
 
 
 
 

コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | - ドライブ・観光地 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。