So-net無料ブログ作成
検索選択
文化施設 ブログトップ
前の10件 | -

福岡市博物館 [文化施設]

5月は、1年に1度、福岡タワーへ訪れる日です。って、そう思いながら、もう何年も訪れていないんですよ。今回は、福岡タワーからの夕陽も撮りたいと思い少しお家を出るのが遅くなってしまいました。
この月は「お誕生日を祝し展望料無料」になります。まだ、夕陽には間に合いそうだったので、途中にある「福岡市博物館」へ寄り道してしまいました。
ここも、いつかHPで紹介したい場所の一つです。
IMG_8250.jpg
正面ゲートから見た「福岡市博物館」です。
 
この建物は、
 
平成元(1989)年に開催された、

アジア太平洋博覧会のテーマ館としても利用されましたね。
 
 
 
 

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

舞鶴公園 名島門 [文化施設]

大濠公園へちょろっと散歩し舞鶴公園の「牡丹・芍薬園」へ行く途中にある「名島門」へ。
DSCF3845.jpg
大濠公園側から見た様子です。
 
 
 
 

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

元寇防塁(今津地区) [文化施設]

道案内へ進むと、今津長浜海岸駐車場へ着き、そこに「元寇防塁」の石碑がありましたが、復元された元寇防塁はありませんでした。
そこにあった周辺案内地図を見ると、数キロ先にあることが分かり、海岸沿いから向かおうと思いましたが、また、引き返すのが大変だと思い、松林沿いに続く遊歩道から向かうことにしました。が、行けども行けども入口が見つからない。
仕方が無いので、地元のウォーキングされてる方数人に聞き、やっと入口に辿りつくことができた。
2014_03160340.jpg
元寇防塁(今津地区)の入口です。
 
地元の助けもあって、やっと見つけた頃には、
 
日が傾き始めてました。
 
入口周辺には駐車場がないことが分かっていたので、
 
今回は、バイクで訪れました。
 
 
 

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

元寇防塁(長垂海浜公園地区) [文化施設]

最後は、かなり離れた場所にある元寇防塁(今津地区)へ向かいました。途中に、長垂海浜公園があるのでトイレ休憩に立ち寄るとここに元寇防塁の案内板があったので写真を撮って来ました。
ここは、残念ながら元寇防塁は埋められてて見学することができません。
公園内には、トイレ、ブランコや滑り台などの遊具などもあって、目の前には今津湾の海が広がり、夏には、まつり今宿納涼花火大会が行われます。
この日は、日曜日だったのもあって、子供連れの家族で賑わってました。
2014_03160177.jpg
元寇防塁(長垂海浜公園地区)の案内板です。
 
バイクで走ってると見かけたので、
 
ちょっと、寄って写真を撮って来ました。
 
 
 

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

元寇防塁(生の松原地区) [文化施設]

小戸方面から今宿方面へ向かう途中には、右側に生の松原があります。ここを通ってると、途中に「→生の松原元寇防塁(250m)」が見えてきます。
ここを通る時、いつも気になってましたが、近くに駐車場もなく立ち寄ることのできない場所でした。ここへ、行くには小戸公園にある有料駐車場へ車を停めてから訪れなければ行けないようです。
今回は、バイクで訪れました。

小戸公園芝生広場の駐車場

有料駐車場
料金(1台1回)
1時間まで100円
1~4時間 1時間ごと100円
4時間超 500円
※1回の利用時間は利用開始の当日を限度とします。

利用期間
4月1日~10月31日 午前7時~午後8時まで
11月1日~3月31日 午前8時~午後7時まで
2014_03160078.jpg
こんな感じで、道路沿いに案内板があります。
 
この道(旧202)は、1本道で渋滞することが多いので、
 
なるべく通らないようにしています。
 
 
 
 

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

元寇防塁(百道地区) [文化施設]

元寇防塁(西新地区)から数分の場所に、元寇防塁(百道地区)があります。
途中、西南大学の前の通りを通ると、構内の中にも元寇防塁跡の案内板がありましたが、関係者以外立入禁止との立札があったので、素通りしました。
なぜ?わざわざ、構内の中に人の目にはいるような案内板を設置しているのでしょうね。見てみたい気持ちになりますよね。

どこかのネットでは、「西南エリア」の起点である西南学院大学。そのキャンパス内には一般公開されている施設があります。っと紹介されてました。
2014_03160073.jpg
元寇防塁(百道地区)の全貌です。
 
敷地内左側には、お墓がありました。
 
 
 

コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

元寇防塁(西新地区) [文化施設]

史跡 福岡城跡堀石垣を見て、今度は、元寇防塁めぐりをしました。先ずは、一番近い元寇防塁(西新地区)へ訪れました。
2014_03160057.jpg
元寇防塁(西新地区)
 
 
 

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

史跡 福岡城跡堀石垣 [文化施設]

今年、三つの遺跡めぐりをした時、以前から訪れようと思っていた「元寇防塁」のことが出てきたので、急遽、元寇防塁めぐりをすることにしました。
元寇防塁跡は、何個所かありますが、その中で、現存する元寇防塁だけを見て回ることにしました。
その前に、まだ行くことができなかった史跡「福岡城跡堀石垣」を見ていくことにしました。ここは、毎週土・日曜日しか公開していないので、中々、訪れることが出来なかった場所です。
2014_03160002.jpg
史跡 福岡城跡堀石垣の入口です。
 
福岡城跡や大濠公園へ向かうとき、
 
この前を何度も通ってましたが、
 
何かの管理施設の地下の入口だと思ってました。
 
まさか、この建物?が「福岡城跡堀石垣」の場所だとは、
 
気付かなかった。
 
 
 

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

金隈遺跡 [文化施設]

この日は、板付遺跡弥生館(板付遺跡公園)・福岡市埋蔵文化センターの遺跡をめぐって、最後の「金隈遺跡」へと訪れました。
この日の予定は、板付遺跡のみだったのですが、係員の方が、後の2ヶ所も是非見て回ってくださいと進められて、予定外のことでしたが、これが結構楽しい遺跡めぐりになりました。
最後の金隈遺跡も、よく普段から通ってる道路(県道574号線)から少し入り込んだ小高い山 森に中にひっそりとありました。
この辺は、夜景探しに訪れた事があったのですが、ただの小高い山だと思ってました。
2014_03110547.jpg
史跡 金隈遺跡の入口です。
 
周辺は、団地や住宅街でした。
 
 
 

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

福岡市埋蔵文化センター [文化施設]

板付遺跡弥生館の係員の方から「福岡市埋蔵文化センター」と「金隈遺跡」も是非、見学して見てくださいと見学のしおりなどを貰って場所を教えてもらいました。
この場所、この建物は県道112号線沿いにあって、隣には市立板付中学校がありますね。
ここもよく通ってる道路で、この建物も知ってましたが福岡市埋蔵文化センターの施設だとは知らなかった。
2014_03110306.jpg
福岡市埋蔵文化センター外観です。
 
福岡市埋蔵文化センター

 福岡市埋蔵文化財センターは、市域から出土した遺物や調査記録類を一括収蔵・保管し、また科学的な保存処理を施すとともに、市民が郷土の歴史をより身近なものとして学ぶために、これらを広く公開・展示し、市民文化の向上に資するために設置された。
 
 
 
 

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | - 文化施設 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。